壺中天

へっぽこトラベラーの放浪日記。割とどこでも興味があるが、最近はアジア圏多め。

2018.12 ネパール旅行記(3)

 

12月27日(1) ボダナート

 

ゴーン、という鐘のような音で目が覚めた。

5,6回は鳴っただろうか。時刻は6時ちょっと前、カーテンを開けるとまだ空は真っ暗。

しばらくするとプージャ(礼拝)の太鼓やラッパの音が聞こえてくる。

賑やかな音に誘われテラスに出てみたら、沢山の巡礼者が集まっていた。

 

薄暗い巡礼路はお香の白い煙で満ちており、地面に商品を並べる露天商たちの姿も見える。

ストゥーパの敷地内にある礼拝場は、早くも五体投地で祈る人々で込み合っていた。

裏道の商店がシャッターを上げる音も聞こえてきて、早朝とは思えない活気。

 

下りて行きたいところだったが、眠かったので二度寝してしまった。

今思うと、とても勿体ないことをしたと思う。 

ボダナートが一番聖地らしい=面白いのはおそらくこの時間帯なので、

ボダナートに行くならストゥーパ周辺に宿泊するのがおすすめだ。

 

 朝食はホテルから少し離れたレストランにて。

f:id:clanker208:20190509230530j:plain

メニューは洋食、中華、ネパール式から選べ、もちろんネパール式を注文。

内容は、カレーポテトと「モモ」とミルクティー。この「モモ」は中身のないマントウだった。

昨日のといい、モモというのは餃子だけでなく小麦粉で包む料理全般を指す言葉なのか?

ネパールのミルクティーは濃厚でとても美味しく、すっかり気に入ってしまった。

 

外を見ていると、この時間帯は純粋に信仰のために来ている人が多いように見える。

民族衣装を着たチベット人や、エプロンをつけ、五体投地でコルラしている人も見かけた。 

f:id:clanker208:20190802220242j:plain

 

《ボダナートのチベット仏教寺院》

チベット仏教の聖地であるボダナート地区には寺院や僧院が非常に多く、

中には宿泊・修行体験を受け付けているところもあるそうだ。

ストゥーパ周辺にもいくつか寺院があったので、見学させていただいた。

 

まずはストゥーパの入り口付近にあり、ひときわ目立つグル・ラカン・ゴンパ。

サキャ派チベット仏教最古の流派)の寺院で、

インドからチベットに仏教を伝えた高僧パドマサンバヴァを本尊として祀っている。

f:id:clanker208:20190509230429j:plain

3階建てで、本堂は2階。内部には本尊のパドマサンバヴァのほか仏陀観音菩薩

チベット仏教を国教化した吐蕃のティソンデツェン王などが祀られていた。

f:id:clanker208:20190509230447j:plain

これは外壁に描かれていたチベット毘沙門天

チベット仏教の四天王はいわゆる封神演義式で、持ち物は剣、傘、琵琶、獣。

 

チベット仏教の絵画は独特だ。

色彩豊かで緻密でちょっとおどろおどろしい画風や、

踊る骸骨や男女の仏が抱き合う父母仏(ヤブユム)など、ともすれば人が覆い隠し、

直視しまいとするものを平然とつきつけてくるその姿勢には怯みもするが、

恐ろしいと思いながらも目が離せなくなってしまう独特の引力を感じる。

残念ながら屋内の写真撮影は禁止されていたが、

あの絵の数々は薄暗い寺院内で見てこそという気もする。

 

ちなみに仏教文化に興味がない人でも、このお寺はお薦めである。

なんといっても、2階・3階のテラスからのストゥーパの眺めが素晴らしいのだ。 

これは2階テラスから撮影した巡礼路の様子。

f:id:clanker208:20190509230545j:plain

こちらは3階(屋上)からの眺め。

f:id:clanker208:20190509230941j:plain

小さなお堂の手前には大量のバターランプが置かれており、

お寺の職員が溶かしたバターをヤカンに注ぎ、次々ランプを作っていた。

f:id:clanker208:20190509231053j:plain

右奥に見えるのはランプ奉納用の小屋。

中はかなりの熱気なうえ床はバターでぬめっており、気を抜くと滑りそう。

ヤクバターではないのか、チベットで感じた独特の臭いはなかった。

f:id:clanker208:20190509230510j:plain

f:id:clanker208:20190509231139j:plain

f:id:clanker208:20190509230538j:plain

f:id:clanker208:20190509232612j:plain

 

 

こちらは巡礼路沿いにあるもう一つのお寺、シェンチェン・ゴンパ。

巨大な弥勒仏の像があるが、それより左下のダライ=ラマに目が行く。

ネパールでは堂々と祀れるのだなぁ、としみじみ。

f:id:clanker208:20190509230505j:plain

  

《路地裏散策》

巡礼路を少し外れると市民の生活の場が広がっている、ということは前回書いたが、

日中に改めて散歩してみた。

f:id:clanker208:20190509230702j:plain

狭い道を容赦なく車やバイクが行き来し、クラクションの音がひっきりなしに聞こえてくる。

さらに脇道に入ると、犬が爆睡していたり家具職人がニスを塗っていたり、なんとも和やか。

ちなみに赤い壁の建物は僧院で、観光地ではなく純粋に僧侶の生活・修行の場。

f:id:clanker208:20190509230637j:plain

こちらは常設の奉納所。バターランプの奉納は生活に欠かせないようだ。

f:id:clanker208:20190509230648j:plain

 

 《ボダナートのレストラン》

ガイドさんとの合流は15:00。1時間前には散策を切り上げ、最後に昼食を食べる。

ストゥーパ周辺にはルーフトップのレストランやカフェが多く、

ストゥーパを見下ろしながら食事ができるようになっている。

今回利用したのはその一つ、ゴールデン・アイズというレストラン。

最上階のテラス席が空いていたので、ストゥーパに面した席に陣取った。

f:id:clanker208:20190509230604j:plain

頼んだのはチリポテトとチョウメン(チベット風焼きそば)、そしてバナナラッシー。

f:id:clanker208:20190509230555j:plain

チリポテトはジャガイモと玉ねぎをトマト風味の辛味ソースで和えてあり、

生野菜のダイコンやニンジンがついている。野菜たっぷりのヘルシーな昼食になった。

 

《ボダナートの市街地へ》

ホテルでガイドさんと合流し、ボダナートの外へ出た。

聖地を一歩出ると、ご覧の通りの喧騒地帯。

f:id:clanker208:20190509230618j:plain

車はせわしなく行きかっているわ、乗り合いバスの呼び込みをしているわ、

道は土っぽく舗装されていないわ、大変賑やかというか騒がしいというか、

エネルギーに満ちた空間である。むしろこっちの方がネパールの「素」のようだ。

 

通り沿いにはこんなお店も。恐るべきジャパニメーション

f:id:clanker208:20190509230610j:plain

 

送迎の車が来ると、

ボダナートに別れを告げ、いよいよカトマンズ中心部へと向かった。

 

つづく